体験談

小学校から英語を学んでるのになぜ話せない?

更新日:

みなさん、こんにちは!
C助です!

今回は、僕たち日本人は小学校から英語を学んでるのにどうして上手に話せないのか

について書きたいと思います。

 

現在、グローバル化が進むにつれ、どんどん増していく英語の需要。

しかし日本人の英語への苦手意識は依然として消えていません。

 

日本人はほとんどの方が小学校から英語を学び始め、中学校から本格的に文法構造を学んでいきます。

そして高校ではもう少し奥深くまで文法や単語を学び、

大学生では何となく存在する英語の授業は履修を落とさない程度に頑張る人が多いのが現状です。

 

しかし、ここで少し落とし穴があります。ここまででぼくが書いた文を振り返ってみてください。

 

そう、振り返るとどこにもないんです

そもそも"話すための勉強" というものが。

 

実は、中国や韓国では教育カリキュラムの中にスピーキング学習が組み込まれているため、

彼らは幼い頃から話すための勉強をしてきているのです。

 

その甲斐もあり、一般的に中国人・韓国人は日本人よりも英語が話せる傾向にあります。

 

つまり、小学生の頃から英語を勉強しているのにも関わらず日本人が英語を話せない理由は、

日本の英語教育カリキュラムに大きく起因するのです。

 

そして、日本の英語教育は、文法や単語、長文などのリーディングスキルに特化しすぎているのです。

 

英検1級を例にとるとわかりやすいのですが、

英検1級は4スキルのテストで、1次試験にリーディング・リスニング・ライティングがあり、

2次試験にスピーキングのテストがあります。

 

しかし、この1次試験と2次試験の難易度にはかなりの差があります。

特にリーディングはそれこそ1級を語るのにふさわしいレベルで難しいのですが、

スピーキングに関しては、リーディングと比べて“これが1級?”と疑ってしまうほどです。

 

この例からも、日本人がどれだけリーディングを重視しているのかもわかります。

 

ただ、最近は文部科学省も、大学の試験でTEAP制度を作ったりと、スピーキングを以前よりも重視し始めています。

 

話が少しそれたのでまとめると、

・日本人の英語苦手意識の大半はスピーキング力からきている。

・日本の英語教育カリキュラムにはスピーキングが重要視されていない。

こうなります。

 

もちろんこれらが、日本人が英語を話すのが苦手な理由の全てという訳ではないですが、

かなり大きな理由の1つです。

 

しかし、

これは裏を返せば、スピーキングの含まれたカリキュラムをしっかり勉強していれば、

もっとスピーキング力は向上していたと言えるわけですから、

今後の勉強次第でまだまだ英語のスピーキング力を伸ばせる余剰があるということです。

 

そしてそれは日本にいながらもできるというのもまた事実です。

 

実際ぼくも同じように特別な教育や留学などはせず、

ごくごく一般的な日本の教育を子供の頃から受けてきたにも関わらずペラペラになることができたので、

同じ日本人としてできないなんてことはないはずです。

 

また、そんなぼくがどうやってペラペラになったかも、

"ペラペラ日記"として、更新していくので興味ある方はぜひ参考にしてみてください!

 

ではでは、自分を信じて頑張りましょう!

Good luck!!

 

-体験談

Copyright© 英ラボ , 2019 All Rights Reserved.