便利フレーズ

『期待はずれ』は英語で?

更新日:

 

[speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon="nayamiema.png" name="エマ"]期待はずれって英語だとなんて言うんだろう...[/speech_bubble]

 

映画の予告は良かったのに本編が微妙だった時...

目当てのものが見つからなかった時...

物事が予想より下回った時...

 

”期待はずれだ”

って日本語ではよく言いますよね。

これ果たして英語ではなんて言うんでしょうか?

 

◆ 『期待はずれ』は英語で?

『期待はずれ』は英語では以下の複数の言い方があります。

1.) disappointing / disappointment
2.) let-down
3.) be bummed out
4.) notで表す表現

それぞれ順を追って説明していきたいと思います。

 

1.) disappointing / disappointment

disappointingの本来の意味は、『失望させる、がっかりさせる』になります。

そして、その意味を発展させて『期待はずれ』と捉えることもできます。

例えば、

It was so disappointing.

のように言えば、直訳では『それはとてもガッカリさせるものだった』

ですが、同時に『それは期待はずれだった』と捉えることもできるので、

『期待はずれ』を手っ取り早く表すのにはdisappointingはとても便利な表現です。

ちなみに、『期待はずれな〜』と表現したい時も"disappointing"を使うことができます。

例.) disappointing result (期待はずれな結果)

 

また、disappointmentはdisappointingの名詞形となり、意味は『失望、落胆、期待はずれ』となります。

It was such a disappointment.

と言えば、『それはとても期待はずれだった』と言う意味になります。

 

2.) let-down

let-downは少し特殊な表現で、動詞と名詞の2つがあります。

動詞の例文を見て見ましょう。

ほんとあの映画は期待はずれだったわ。まぁもともとあの監督嫌いだったのだけれど。

That movie completely let me down. I originally don't like the directer of that movie though.

"let-down"を動詞として使うときは、このように表現できます。

そして、上の例文のように主語に期待はずれにさせたものをいれて、目的語に実際に期待はずれと感じた人をいれます。

 

では次に、名詞の"let-down"について見ていきましょう。

名詞の"let-down"の意味は、『ガッカリさせるもの / 期待はずれのもの』になります。

例文を見て見ましょう。

まじか、テストの結果、めちゃ期待はずれだった。

OMG... The test results was such a letdown. 

ちなみに、"such a ~"で名詞を強める働きがあるのでこちらもチェック!

 

3.) be bummed out

Be bummed out と言う表現があります。

これは、直訳だと何かにがっかりすると言う意味なのですが、その意味から『期待はずれ』と言う意味で使うこともできます。

また、That説をつなげて『〜だったこと』が期待はずれと言う文法をとれるので、

出来事などが期待はずれだったときには、活躍してくれます。

 

それでは例文を見て見ましょう。

彼が無能だったのは本当に期待はずれだよ。雇わなきゃ良かった。

I am really bummed out that he is incompetent. We should not have hired him.

上記の文では、彼が無能だったこと(文)を期待はずれだったと言っています。

このように、文を目的語に撮るならbe bummed outは大変役に立つフレーズです。

ぜひ使って見てください。

 

4.) notで表す表現

直接的ではないのですが、notを使い否定文として期待はずれを表現することもできます。

まぁもともと『期待はずれ』って言葉自体が否定の意味を持つので、notを使った表現があるのも頷けますね。

ここでは、notを使った表現を2つご紹介したいと思います。

1.) 〜 is not what I expected.

2.)〜 didn't meet my expectation.

1つ目は、whatを使って『私が期待していたこと』と言う文を作り、主語が『私が期待していたこと』ではなかった。

つまり、『期待はずれだった』と表現することができます。

例文を見てみましょう。

君のレポートは期待はずれだったよ。

Your report was not what I expected.

 

2つ目は、"meet"に注目です。

"meet"には、会うの意味の他に”満たす”と言う意味があり、この文では”満たす”と言う意味で使われています。

"expectation"は、『予期、予想、期待』と言う意味なので、

直訳で、『私の期待を満たさなかった』となり、『期待はずれ』と捉えることができます。

例文

上半期の売り上げは、期待通りにはいかなかったよ。

The sales in the first half of this year didn't meet my expectation.

 

◆  まとめ

いかがだったでしょうか?

以下の『期待はずれ』の英語表現4つもう大丈夫でしょうか?

1.) disappointing / disappointment
2.) let-down
3.) be bummed out
4.) notで表す表現

ビジネスシーンでもよく出てくる『期待はずれ』。

この機会にぜひマスターして、使いこなしましょう。

 

ではでは、

Good luck!!

 

-便利フレーズ
-

Copyright© 英ラボ , 2019 All Rights Reserved.