コラム

英語を話せるようになりたいなら国際交流パーティーに参加しろ!

更新日:

英語学習と聞けば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

大半の人は、英語の長文や文法問題、リスニングなどを思い浮かべるかもしれません。

日本の一般的な英語教育は読み書きとリスニングが主流なのでもちろんこれは正しいのですが、

ここで一つ大きな落とし穴があります。

 

次のことを想像して見て下さい。

あなたは今、東京の有名な外国人観光スポットである浅草にいるとします。そこである光景を見かけます。それは、道に迷って困っている外国人が日本人に道を聞いている光景です。

ここで多くの人は、少し不安な気持ちになるのではないでしょうか?

もちろん声をかけられた日本人にもよるとは思いますが、大抵の日本人は読み書きとリスニングの勉強しかしていないため、学生時代に勉強していた英語も、いざ話す(スピーキング)となると少し不安を感じてしまうものです。

 

何故、不安を感じてしまうのでしょうか?

それは、日本が英会話というものを教育に取り入れていないからです。

しかしご安心ください。

英会話というものはみなさんが思っているほど難しくはありません。

みなさんが学生時代培っていきた英語でも十分に会話はできるのです。

日本人はただ、

"文章を組み立てながら話す。"

ということに慣れていないだけなのです。

『慣れ』さえしてしまえば、学生時代の英語力で十分にコミュニケーションが取れます。

では、どうしたらその『慣れ』を手に入れられるでしょうか?

 

留学する?

英会話スクールに行く?

 

もちろんそれも正解です。

しかし、会話力を向上させるためにそんなに多くの時間やお金をかけられない人も沢山いるはずです。

そんな時におすすめしたいのが、" 国際交流"です。

国際交流には、

国際交流パーティー

国際交流ボランティア

国際交流シェアハウス

などいろいろな形があります。

 

こういったものは、英会話スクールや留学と違って低コストで外国の方々と仲良くなれます。

そうして仲良くなった外国人と遊びに行ったり、チャットをしたり、電話をしたりすることによって、『慣れ』を低コストで物にできてしまうのです。

実際、楽しめて英語も学べれば、一石二鳥ですよね笑

例として国際交流パーティーを挙げると、フリートーク形式のため勉強感覚というよりかはむしろ娯楽感覚で楽しむことができます。また、国際交流パーティーに来ている人は異文化が好きで、純粋に多国籍の人と交流を深めようとしている人が多く、向こうから話しかけてくれるため、人見知りな方でも堂々と一人で参加できるのもメリットです。

実際、私も過去に国際交流パーティーで知り合ったオーストラリア人の実家に招待され、2ヶ月間住まわせてもらったりもしました笑 ←これにより飛躍的に英語が伸びました。

 

国際交流には国際交流パーティーを問わず、いろいろな形がありますので、自分が楽しめそうだなと思ったところに足を運んでみてください。

そこから素敵な出会いが待っているはずです。

 

 

 

-コラム

Copyright© 英ラボ , 2019 All Rights Reserved.