体験談

オーストラリア旅行体験記 1週目

更新日:

みなさん、こんにちは!
C助です!

その後英語学習は順調でしょうか?

今回は、僕が英語学習のために初めて1人で行った初海岸の体験談についてお話ししていこうと思います。

 

ぼくが初海外で上陸した国...

その国とは、カンガルーやコアラでおなじみのオーストラリアです!!

 

また僕はせっかくオーストラリアに英語学習で行くのだから、春休みを最大限使ってできるだけ長く滞在しようと考えました。

その結果、僕の滞在期間は1ヶ月半とかなり長めとなっております笑

1ヶ月半をさすがに1記事で書くのは難しいため、1週間ごとに区切って書いていきたいと思います。

興味ある人は是非最後まで見てってください!

 

また、僕のオーストラリア旅行体験記を読んでくださっている方の中には、

・オーストラリアがどんな場所か気になる...

・僕がどんな体験をしたのか気になる...

・僕の英語上達ぶりが気になる...

・カンガルーが気になる...

などなど色々な人がいると思います。

 

そんな皆さんのニーズを叶えるため、このオーストラリア旅行体験記では、

・オーストラリアでの日常生活

・僕の英語の上達具合

の2つについて書いていきたいと思います。

 

なので、お前のオーストラリアの生活なんかどうでもいいわ、英語の上達具合だけが知りたいんだよ...

って人は目次から一気に下まで飛ばしちゃって下さい!

ではまずは僕のオーストラリアでの生活について色々なオーストラリアのカルチャーや写真もまじえてお話ししていきます!

 

◆ オーストラリアでの生活 1週目(キャンベラ)

--出国日の朝--

ピピピッ, ピピピッ。(目覚まし)

カチ。

(ついにこの日が来た...)

オーストラリアに飛び立つ朝、緊張しながらも僕は目を覚ましました。

そして、歯磨きをしてシャワーに入り、朝ごはんを食べ、前日までにまとめたスーツケースを持って家を出ました。

ガラガラガラ...

このスーツケースを引きずる音には何とも言えないワクワク感がありました。

(まぁ重かったのでとっても疲れましたけども笑)

 

電車に乗り成田空港につきました。

そしてここで問題発生。

問題は何かって、

・成田空港広すぎ!!全然分からない!

・搭乗手続きってどうやるの!?

 

一瞬パニックになりましたがスチュワーデスみたいな服を着た親切な人(係りの人)が何から何まで教えて下さいました。(セーフ笑)

 

そして、初海外行きの飛行機に乗り込みます。

まだ緊張してた僕はここで記念に写真をパシャり。

 

僕は韓国のアシアナ航空を使ったのですが、これ結構良かったです笑

何が良かったかって、

・人気の映画がたくさん観れる

・スチュワーデスが美人

・機内食が美味しい

中でも機内食は不味いものだとばかり思っていたので期待値を超える味には大変魅了されましたね。

ちなみに機内食はこんな感じです。

 

そして、飛行機の中で一眠り明かすともうそこはオーストラリアでした笑

ついに来たか...

この時はもうワクワクが止まりませんでした笑

 

そして空港に着いてすぐに僕はフリーwifiに接続しました。

繋げたーー!!

LINEの通知が一斉に来て空港で僕を待ってくれている友達にすぐに返そうと思った瞬間、問題が発生しました。

送れない!!!

最初はwifiの接続切れたかなぁと思いつつもう一度メールアドレスを打って使おうと思ったら、

使えない!!

そのあとすぐに使えない理由が判明しました。

シドニー空港って2時間だけフリーwifi使えるみたいなんですけど...

皆さん知ってましたか?

オーストラリアと日本の時差もちょうど2時間なんです。

感の良い人はもう気づいてますね笑

そうなんです、僕はGPSをオンにしていたため、wifiに繋いだ瞬間に瞬時に僕のiPhoneが時間を2時間後に早送りしたのです!

そして、その結果あなたもう2時間使ってるよってシドニー空港のwifiシステムに勘違いされてその日中使えなくなってしまいました。

終わった...

って思って途方にくれながら出口らしきところを出るとそこに立っていたのは190cmを超えるちょっと懐かしい顔の僕の友人でした!

僕はその時思いました。

神か!!

そんなこんなで彼との再会を無事成し遂げた僕は、彼の車で歌いながらシドニーからはるばる3,4時間かけてオーストラリアの首都であり彼の故郷でもあるキャンベラに無事到着しました。

 

シドニーからキャンベラに行くときに感じたことなんだけど、オーストラリアって本当すごい...

何がすごいかって、あんな広大な草原にどうして永遠と続く道があるのだろうと...

他に何か建物とか店とかがあるならまだいいんだけど、本当に道以外はただの草原なんだよねこれが笑

こんな感じ

あれは絶対工事大変だよ、大工さんお疲れ様です。

 

さぁ、ここからは、全部話すときりがないので僕がこの1週間で主に行った場所や見たものなどをピックアップしてお話ししてきます。

 

1.)  野生のカンガルー (キャンベラ)

いやぁ、なまで初めてカンガルー見ましたね。

僕動物園とかあまり行かないので、本当にこれが初めて見るカンガルーでした。

実際、カンガルーってなまで見ると意外に大きいんですよね笑

そして、移動の仕方がとても独創的。

毎回少し移動するだけでもめちゃジャンプしながら移動するんですよね。

多分脚力は並みじゃないと思います笑

 

ちなみにそんなカンガルーですが、

英語で、"Kangaroo" と書きますが、

発音が

"カンガルー"

ではなく、

"ケィンガルゥー"

に近い発音をするので、日本語のままカンガルーって言っても通じないこともあるかもです。

 

2.) 日本料理(キャンベラ)

キャンベラに来て、まだ一週間も立たなかったのですが、

オーストラリアにある日本料理のクオリティがものすごく気になりトライしてしまいました。

中でも印象的だったものを2つご紹介したいと思います。

▷1つ目 寿司

これオーストラリア(キャンベラ)のスーパーで売られていた寿司なんですけど、

何か日本の寿司とは違うんですけど、気がつきましたか?

そうなんです、まさかのサーモンの隣にアボカドが入っていたんです。

彼らは、寿司をぐるぐる巻く時にアボカドも入れるんですよ。

え、それおかしくね?

おいしくなくね?

って思ったんですけど、彼らにはそれがさっぱりして美味しいみたいです。

(彼が言ってました笑)

 

ちなみに刺身も食べました。

感想としては、

何と言うか、

新鮮度にかけると言うか、

日本の倍はする割にはあまりおいしくないなぁと感じてしまいました...。

 

▷2つ目 おかゆ

2つ目は、おかゆを食べたんですけど、これが本当に美味しかった。

すごくボリューミーで、コスパも抜群だったので、滞在中何杯も食べてしまいました笑

さぁ、そんなおかゆですがみなさん英語でなんて言うかわかりますか?

正解は、

congee

って言うんです。

意外と知っているようで知らない単語なので、ぜひこの機会に覚えて言ってください!

 

3.)    キャンベラの丘

キャンベラって首都の割にめちゃ田舎なんですね実は笑

ほんと大自然豊かって感じ。

そして住宅街の近くに、東京では考えられないくらい沢山の丘が点在しております。

ただ、普段都会に住んでる人ならここ、というか丘はほんとおすすめ。

何か一人で考えたい時に来るもよし、黄昏たい時に来るもよし。ちなみに僕は夜に彼とよく行ってました、丘から見下ろす景色と空を見上げた時の星空がもうたまらなかった。

丘から見える景色はこちら

ちなみに彼曰く、たま~に蛇が出ることもあるらしいんで、キャンベラにある丘に行く人は気をつけてくださいね。

 

4.) オーストラリアで嫌われている鳥

 

この鳥、知ってるよって人いますか?

多分知らない人がほとんどだと思います。

僕も名前は忘れてしまったんですけど、

1つ言えることは、この鳥オーストラリアですごく嫌われています。

日本では、カラスって煙たがられるじゃないですか、あれと同じかもっとひどいみたいです。

実際、食事中によってきたこの鳥にめちゃキレている人も見かけました。

 

また、この鳥の見た目(大きさ)はほとんどカラスと変わらないのですが、

違う点として、全身真っ黒ではなく所々白模様があるところです。

オーストラリア(キャンベラ)に行けば、至る所に分布していると思うのでぜひ探して見てください。

↑(ポケモンか!笑)

 

さぁ、次は僕の英語力がこの一週間でどれくらい上達したのかについて話していきたいと思います。

 

◆ 僕の英語上達具合

 

僕の今回のオーストラリア旅行は、あくまで旅行であり留学ではなかったので、

他の留学生みたいに半年も一年もいるわけではないし、

また決まったテキストを使って、先生から教わったことをノートに取ることもできません。

 

しかし、机に座ってシャーペンとノートを用意しなくても、

僕にはスマホと純ネイティブの知り合いがいました。

だから、この状況を最大限いかそうと考えました。

どういうことかって、僕がオーストラリアにいる間に、

彼らが発した言葉の中で、『これ俺でも使えそうだな』って思った言葉や、

『こう言う時にはこう言う風に言うんだ』って思ったことを、

その状況とともにスマホのメモ帳に書きなぐりました。

 

ぼくは、このノート(メモ帳)をオーストラリアに着いた時からつけ始めて最後まで書き続けました。

実際、これ本当によかったと思っています。

やっぱり、たとえそのとき覚えられていても数週間後には忘れてしまうし、

それをノートに記しておくことで、後で見返すことができ、何度も見返すことでそれが完全に記憶に定着するのです。

 

実際、『このフレーズ便利だなぁ』と思ってノートに記したフレーズは今でもしょっちゅう僕は使っています。

そして、ペラペラになった今、ノートを見返すと、

俺このフレーズ今めちゃ使うけど、

『この時に学んだフレーズだったんだ』

『この時にしっかりノートに記していたから今スラスラ使えているんだなぁ』

とかしみじみ思います。

 

そして、今だから言えることなのですが、断言します。

一週間でもいいです。もし、海外旅行(英語圏)に行く機会があれば、必ずノートを作って見てください。

そして何度も見返して見てください。

絶対に後で、付けてよかったって思う日が来ます。

 

このノートをつけることと、せっかく海外に行ったのだから全部吸収してやるって気持ちがあれば、

中途半端な気持ちで、親のお金を使って日本人の友達と一緒に語学学校に行っている友達なんかよりも

絶対話せるようになって帰って来れますよ。

 

僕は、大学のプログラム(同じ大学の日本人も行く=一人じゃない)などで半年とか海外行って帰って来て、

結果あまり話せるようになっていない人たちをたくさん見てきています。

結局、大事なのは自分自身と言うことですね。

 

さて、僕の英語力に関してですが、

さっきまであんだけ偉そうなこと言ってたのにごめんなさい。

実際のところ、この時の僕の付けていた日記を振り返ると、

『一週間もいるのに成果が全く感じられない』

と書いてあります。

今だから、分かるのですが一週間そこらじゃ大して変わりません。

もちろん、確実に少しずつなれは掴んで来ているのですが、ストレスなく話せるって言うのはまだ少し早いですね。

 

ただ、この期間、僕は話せないことに猛烈にショックを受け、

持って来ていた単語帳と熟語帳、そして文法書を空いている時間にめちゃくちゃやりこんだのを覚えています。

実際これ持って来て本当に良かった。

そして、オーストラリアでとり続けたノートとこの参考書の復習がオーストラリア旅行終盤で実を結ぶのだが、この時の僕はまだ知る由もなし...。

 

----続く----

 

-体験談
-, ,

Copyright© 英ラボ , 2019 All Rights Reserved.