名言

アレンアイバーソンの名言21選

投稿日:

今回は、アレンアイバーソン選手の名言をまとめました。

気に入った名言があれば、口ずさんだりラインのひとことにしたりして、自分のものにしましょう!

目次

アレンアイバーソンとはどんな人?

アレンアイバーソン(1975〜)は、アメリカの元プロバスケットボール選手です。

11度のオールスター出場で、2001年、2005年に、2度のオールスターMVPを獲得するほか、NBAシーズン得点王は4回。2001年にはMVPを獲得している。

76ers時代の背番号“3”は、2014年3月、永久欠番となった[2]

2008年、ESPNが選んだ偉大な歴代シューティングガードの5位に選ばれている[3]。1位からマイケル・ジョーダンコービー・ブライアントジェリー・ウェストジョージ・ガービン、アイバーソンの順で、主にPER(プレーヤー効率評定)での順位付けであった。

Wikipediaより出典

https://ja.wikipedia.org/wiki/アレン・アイバーソン

オールスターに11度も選ばれるって本当に凄いよね。それだけ長くの間第一線で活躍してたんだね!
エマ

 

 

【バスケ】アレンアイバーソンの名言まとめ【英語+日本語訳】

I don't want to be another Jordan, Magic, or Isiah. When my career is over, I want to be able to look in the mirror and say 'I did it my way'.

私は他のジョーダンになりたいわけでも、マジックになりたいわけでも、アイザイアになりたいわけでもないんだ。私のキャリアが終わった時に、自分の鏡に向かって、「私は自分の道を生きた」と言いたいんだ。

 

 

We’re sitting here, and i am supposed to be the franchise player, and we’re talking about practice. I mean listen, We are sitting here talking about practice, not a game, not a game, not a game, but we are talking about PRACTICE. Not the game i go out there and die for and play every game like its my last, but we’re talking about practice,man. How silly is that.

おれはチームを代表するプレーヤだと思う、なのに俺たちはここに座って練習の話をしている。ちょっとまてよ、試合についてでもなければ、試合の話をする訳でもなく、試合のことを聞くでもなくて、練習の話をするの?俺が命をかけて、いつも最後の試合のようにプレーしている試合の事じゃなくて、練習の話をするのか?たのむよ、馬鹿げてる。

なす先生
"silly"は、”馬鹿馬鹿しい”という意味だよ。

 

 

I'm not perfect. But I am trying every day to concentrate on being better.

私は完璧じゃない。だが私はもっとうまくなるために毎日集中して挑戦しているよ。

 

 

I'd rather have more heart than talent any day.

私は才能よりも気力を持っているんだ。

 

 

Mistakes happen. But after a while you've got to stop making them happen twice.

失敗は起こるものだ。だがそれを再び起こることを回避するんだ。

 

 

I made a lot of mistakes, a lot of things I'm not proud of. But it's only for other people to learn from.

私はたくさんの失敗をしてきた、誇れないこともたくさんある。だが他の人にとっては、そこから学ぶことができる。

 

 

If you're struggling with your shooting, then do other things on the basketball court. Get steals, get assists, get rebounds-do anything on the court to help the team win.

もし君がシュートのことで苦闘しているのなら、コートでは他のことをすればいいだけだ。スチールをすること、アシストをすること、リバウンドを奪うこと、チームが勝つためにできることは何でもやるんだ。

なす先生
"struggle"は、”奮闘する”という意味だよ。

 

 

When I was young, everyone laughed at me when I said that I wanted to be a professional basketball player...now it's my turn to laugh.

若い頃は、みんな僕のことを笑っていたよ、僕が、プロのバスケットボールプレイヤーになりたいと言った時にね。そして今度は僕が笑う番だ。

 

 

When you work hard, good things happen.

一生懸命やっているなら、何か良いことが起こるんだ。

 

 

I don't put pressure on myself. I just compete.

私は自分にプレッシャーはかけない。ただ競争をするだけだ。

 

 

I don’t even have money for a cheeseburger!

僕はチーズバーガーを買うためのお金さえ持っていない。

 

 

One of the things you have to learn is that you don't have to have the ball all the time to be effective.

君が学ばなければならないことの1つは、全ての時間をボールを持っている必要はないということだ。

 

 

Life is short. Im gonna be happy with mine.

人生は短い、その中で私は幸せにならなければならない。

 

 

I take everything I learned from the streets and put it in my NBA game.

私はストリートバスケから学んで全てを得てきた。そしてそれをNBAのゲームで生かしているんだ。

 

 

I wasn't a bad guy. I just wanted God to give me a second chance.

僕は悪い子じゃなかった。私はただ神に、もう一度チャンスを与えて欲しかっただけだ。

 

 

Being an All-Star is everything.

オールスターになることが全てだ。

 

 

Believe me, I am not even that brave enough to miss that many practices.

私を信じてくれ、私は今までのたくさんの練習を無駄にする勇気なんてないよ。

 

 

I see kids today trying to do the things I did, and it makes me feel like I've come a long way.

今日、僕がかつてやってきたことに挑戦している子供達を見たんだ、それを見て、長い道を来たんだと思ったよ。

 

 

Only the strong survive.

強いものだけが生き残るのだ。

 

 

Personally I just want to win a championship.

個人的には、ただチャンピオンシップで優勝したいだけだ。

 

 

I would rather win than have good sportsmanship.

いいスポーツマンシップを持つことよりも、僕は勝負に勝ちたい。

 

 

 

まとめ

以上、今回はアレンアイバーソン選手の名言を紹介してきました。

これだけの偉大な選手でも、小さい頃には笑われて悔しい思いをしていたんですね。

周りの価値観ではなく、自分を信じて選択をしない、後悔してしまうのかもしれませんね。

 

 

 

-名言

Copyright© 英ラボ , 2019 All Rights Reserved.